SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

HUMAN

スタッフインタビュー

仕事の本当の面白さを味わうために。
もっと深く、ビジネスを学んでいきたい。

  • 岡田 潤
  • 2017年入社 / 東日本お客様サービスセンター
  • 岡田 潤
  • 高校生の頃には体育教師を目指していたが、大学生時代に参加した金融ビジネススクールで個人融資のビジネスを知り、次第に金融業界に興味を持ち、当社への入社を志した。

SMBCグループの
規模の大きさに魅力を感じ入社。
でもそこには、想像以上のビジネスがあった。

就職活動中は、当社の他に銀行や信販会社、保険会社を中心に見ていました。全国を飛び回ってビジネスをしたり、さまざまな金融商品をお客さまに提案する、そんなイメージに憧れて、金融を志望していました。当社への興味も、はじめはグループの規模の大きさから、幅広いビジネスに携われるのではないかと考えたからでした。ですから、選考の途中で受付業務の内容を知った時には、思い描いていたイメージとのギャップを感じたこともありました。しかし、実際に業務に入ってからは、そのギャップは覆されました。私は現在、当社でのご利用実績をお持ちのお客さまに、当社の商品を提案する営業の仕事を行っていますが、その提案の幅が想像を超えて広いものだったのです。

最初の壁を乗り越えたからこそ、
このビジネスの魅力が分かってきた。

個人向け融資と言っても、お客さまのニーズは本当に十人十色です。返済プランの見直しをはじめ、借入額の増額のご提案や新サービスを使った商品、お客さまとの対話を通して求めているものを的確に判断し、お客さまのニーズにあった商品をおすすめする。お客さまの満足のためにあらゆる提案ができるその自由さは、自分には合っているなと思い、やりがいを感じています。とはいえ、最初からその楽しみを発見できていたわけではありません。商品のことはもちろん、法律上の規定など、覚えなければいけないことはたくさんあります。細かい確認項目や説明の手順など、遵守しなければいけない手続きも多く、入社当初は本当にやっていけるのか不安を感じることもありました。しかし、一つひとつの業務の意味をとらえて知識を整理し、仕事の進め方を固めていったことで、このビジネス本来の魅力に気づけたのだと思います。
岡田 潤

もっと知識と技術を学びたい。
その先に、さらなるお客さま満足がある。

これからもっと知識や技術を学び、お客さまによりよい提案ができる自分を想像する楽しみがあります。何年か後には、お客様サービスプラザでの勤務もやってみたいです。お客さまと直接お会いするからこそ提案できること、対面ならではの難しさやお客さまとの接し方など、学べることはたくさんあると思います。さまざまな人と出会うことで、一人の人間として成長していきたいと考えています。そしてもっと先のことですが、以前教師を目指していたこともあり、後輩の教育担当などを任せられる立場になりたいです。まだまだ学ぶことは多いですが、努力を重ねた先には、自分の思い描くキャリアを実現できる時が来る。そのチャンスが、この会社にはあると感じています。
岡田 潤

HUMAN

当社で働く社員の生の声を紹介。

RECRUITING INFORMATION