「人を知る」社員インタビュー

2002年入社 海外事業部 主幹 西 蘭(ニシ ラン) - コミュニケーションを大切にして、日本と海外の橋渡しをしたい

家庭と仕事を両立させるコツは?

正直なところ、両立はできていないかも(笑)。今思っているのは、社会人としての役割、妻・母としての役割をその時々で変えながら、バランスをとっています。そうは言っても、子どもにとっていつも「100点の母親」でいられないことに悩むこともしばしば。そんなときは、同じ歳の子どもを持つ女性の先輩に相談をしています。あとは制度の活用です。子どもが小さい頃は、15時ぐらいに熱を出すことが多かったので、「時間有休」を利用してお迎えに行けてましたし、とても助かりました!

現在の仕事は?

海外事業部で、中国・香港・タイの海外関係会社のリスクコンプライアンス支援や、統括管理を行っています。主に、日本の法律に適合しているか、その国の法律に適合しているかをチェックしたり、その内容を現地スタッフに連携していくといった業務です。海外関係会社は、まだまだ歴史の浅い会社がほとんどです。新しい会社は、どうしても業績に目がいく反面、リスクコンプライアンスへの意識が低くなりがちです。そこをフォローするために、私たちが現地に足を運んで問題点を抽出して改善提案を行ったり、勉強会を行ったりしています。私は6才の子どもがいますので毎月というわけにはいかないのですが、3ヶ月に1回のペースで出張しています。

これまでのキャリアは?

山口の支店に3年、人事部に5年ほどいました。その後、関連事業部で日本国内の関係子会社を統括管理していました。担当会社の取締役会や経営会議に参加しながら経営サポートを行ったり、M&Aの業務なども経験することができました。こうして様々な業務を経験していくと、自分に足りないスキルが浮彫りになります。その足りないスキルを補うため、当社の通信教育を活用するなど、努力を欠かさないよう心掛けています。

目標は?

日本と海外関係会社は、違う価値観と法律のもとではありますが、同じ目標に向かって連携し成長していける関係性が理想です。そのためには相互理解が欠かせません。中国には日本の考え方とその背景を伝え、日本には中国の考え方とその背景を伝える、というような「橋渡し」の役割を担っていきたいと思っています。

VOICE 学生の皆さんへ

5年後、10年後を思い描く。
ライフイベントもプラスして考えることがおすすめ。

5年後、10年後を思い描いて優先順位をつけながら就職活動をして欲しいなと思います。女性であれば、結婚や出産などのライフイベントもプラスして考えることをおすすめします。そうすればより実現性が高まります。

OTHER INTERVIEW 他部署で働く先輩たち

ページ上部へ